Contact Us

お問い合わせ Tel.092-407-5000 Fax.092-407-5001

[お電話受付時間]
午前 09:00-12:30
午後 14:00-17:30
水土午後・日祝休診

周辺地図 - クリックで大きい画像を表示します

やすだクリニック

〒814-0165
福岡県福岡市早良区
次郎丸 3-22-8
次郎丸メディカルタウン内
西鉄バス河原停前
50台収容駐車場有

眼科 - 患者さんとご家族がいちばん望む治療方法を見つけます - 診療について納得がいくまで説明します - 医学的な根拠のある治療を行ないます - やすだクリニック 基本理念 - 縁を絆へ

眼科医紹介

やすだクリニック 副院長 / 眼科医

安田 薫 (やすだ かおる)

  • 日本眼科学会 会員
  • ボトックス認定医
  • ドライアイ研究会 会員

略歴

  • 福岡県大牟田市出身
  • 平成02年 県立三池高等学校 卒業
  • 平成09年 佐賀医科大学医学部医学科 卒業
  • 平成10年 福岡大学病院 眼科
  • 平成12年 福岡赤十字病院 眼科
  • 平成13年 聖マリア病院 眼科
  • 平成15年 福岡徳洲会病院 眼科
  • 平成17年 大島眼科病院, 白十字病院 眼科, 加藤眼科医院
  • 平成22年 開院
やすだクリニック 眼科医 安田薫

眼科 診療内容

眼科一般

手術

日帰りの手術を行ないます

  • 白内障手術
  • ものもらい 霰粒腫 翼状片
  • レーザー手術 (眼底出血, 網膜裂孔, 虹彩切開術)

その他

検診

目の病気は自覚症状なしに進行している場合があります。症状がなくても定期的な検診が必要です。

  • コンタクトレンズ検診 (コンタクトレンズ使用の方)
    • 角膜障害 アレルギー性結膜炎のチェックを行ないます
  • 緑内障検診 (40歳以上の方)
    • 日本人は40歳以上の20人にひとりが緑内障だといわれています
  • 糖尿病検診 高血圧検診
    • 眼底出血や動脈硬化のチェックを行ないます

白内障日帰り手術

白内障とは眼の中にある水晶体が濁る病気で、以前は『しろそこひ』とも呼ばれていました。
白内障の原因は加齢によるものが最も多く、それ以外にも糖尿病などの全身の病気に併発する場合や、ステロイドなどの薬物が原因となることもあります。

水晶体が濁ることによって、視力が低下し、物が霞んで見えたり、明るい所では眩しくて見えにくい、物がぼけて二重、三重に見えるなどの症状があります。
軽度で視力に影響がない場合は点眼薬や内服薬による進行予防を行ないますが、視力低下が進行した場合は手術以外に視力を回復する方法はありません。手術の時期は日常的に不自由さを感じるようになった頃が適していると思われますが、他の眼病の治療のために手術が必要になる場合もあります。手術は技術・手技の発達などにより、以前に比べて安全に行なうことができるようになってきています。
手術は特殊な症例を除いては局所麻酔 (点眼麻酔) で行ないます。約 3mm の切開創を作成し、中身のみ超音波で破砕して処理します。残した水晶体の袋の中に人工レンズを移植して手術を終了します。特に難しい点がなければ手術時間は約 10-15 分程度です。殆どの方がこのやり方で対応できています。
手術後 30 分程安静にしていただいて問題がなければ帰宅できます。翌朝診察をして問題がなければ翌日から日中は眼帯の必要もありません。

白内障

コンタクトレンズ

当院では約50種類のコンタクトレンズの中から患者様のご希望、眼にあったレンズを処方します。また、コンタクトレンズは高度医療管理機器ですので、眼科医指導の処方のもと、きちんと定期検査を受けていただくことをお勧めします。誤った処方や使用によってさまざまな眼のトラブルが生じることがあります。

定期検査の内容

視力検査、角膜内皮細胞検査、診察 (ドライアイやアレルギー性結膜炎、眼にキズがないかなど) 目の状態によっては治療をしながらコンタクト装用が可能な場合もありますが、症状がなくてもコンタクトを中止せざるをえない場合もあります。

眼の異常および角膜内皮細胞

当院で処方可能なコンタクトレンズ:ハードレンズ、ソフトレンズ、使い捨てレンズ

ドライアイ

『ドライアイ』とは、涙の量が減ったり涙の成分が変わってしまうことで目が乾き、角膜や結膜に障害がおこる病気です。
ドライアイの方は日本全国に約 800 万人いると推定されており、非常に頻度の高い病気です。正常な目の表面は涙にしっかりと覆われていますが、ドライアイになると目の表面が乱れるため、物がはっきり見えなくなることがあります。
コンタクトレンズや眼鏡の度数は合っているのに、見えにくい、目がかすむなど感じる時は、ドライアイの可能性も考えられます。
このほか、目がごろごろする、涙が出る、光をまぶしく感じる、目やに、充血、疲れやすいなど、一見ドライアイとは関係ないと思われるような症状もあり、なかなか自分で気づきにくいのが難点です。

ドライアイの原因

  1. 涙の量の減少, 成分の変化: 病気 (涙腺の異常を起こすシェーグレン症候群), 加齢, 一部の薬剤, 不規則な生活など
  2. 涙が蒸発しやすい: 乾燥した空気, 空調の風, 目の大きさなど
  3. まばたきが少ない: VDT (Visual Display Terminal … パソコン, テレビゲーム, 携帯電話など) 作業, 読書など
  4. その他: コンタクトレンズ, アレルギー性結膜炎, 紫外線など

ドライアイの検査

眼科では、視力検査などの基本的な検査のほか、涙の量や質がどのような状態にあるのかを検査しながら、ドライアイであるか、他の病気であるかなどを調べます。

ドライアイの治療

  1. 保湿のための点眼 (人口涙液やヒアルロン酸入りの点眼)
  2. 血清点眼 (重篤なドライアイに対し自分の血液を採取してその血清を点眼する治療)
  3. 涙点プラグ
    • 涙の排出口である "涙点" をふさぎ、涙の流出を抑えて涙を貯める治療です。
      涙点プラグ には固形のハードタイプ (直径 0.5-1.0 ミリ程度のシリコーン製プラグを涙点に装着する方法) と、ソフトタイプ (液状の コラーゲンプラグ を注入する方法) の二種類があります。いずれも保険適応となっており、痛みもなく外来で短時間で施術できます。
      ただし、多くのメリットに対して、涙があふれてしまう "流涙" や、ハード (固形) タイプではプラグの脱落や装着後の刺激による肉芽形成などの可能性もあります。
      注 … 費用の目安: 片目プラグひとつにつき 保険三割負担で約 3,500 円、一割負担で約 1,200 円程です。
      注 … 涙点は上下にふたつあるため、場合によっては片目にふたつ必要なことがあります。
      注 … 別途初再診料、検査料、お薬が出た場合には処方料がかかります。

涙点プラグ (シリコーン製プラグとコラーゲンプラグ)

涙点プラグによるドライアイ治療

ボトックス治療

「眼のまわり (眼瞼) がびくつく」または「顔の片方がびくつく」といった症状が気になっている方はいませんか?

このような症状が慢性的にある場合、眼瞼けいれん、片側顔面けいれんの可能性もあります。症状がひどくなると片側あるいは両側の眼が殆ど閉じた状態になり、物が見えにくくなったり、また顔がつっぱったり、曲がったように見えることもあります。
原因はさまざまですが、顔面痙攣の場合は脳内の血管が顔面神経に接触することが原因となる場合もあるので、脳 MRI 検査を行なうほうが良い場合があります。
治療には内服薬や手術的な治療法もありますが、近年では脳 MRI 検査で脳内に病気が認められない場合、ボツリヌス毒素による治療が行なわれています。

治療法

けいれんしている筋肉に少量のボツリヌス毒素を注射します。一度の注射で、個人差はありますが約 3-4 か月効果が持続し、効果がなくなった時期を見て再注射します。

ボトックス治療の安全性

ボツリヌス毒素と聞くと恐怖感をもつ人もいるかもしれませんが、治療に用いる量では全身性の副作用の報告はわずかです。
また、治療後、注射した筋肉の力が弱くなりすぎて瞼を閉じにくくなったり、けいれんしている筋肉以外にも薬の作用が効いてしまった場合、かえって瞼があけにくくなったり、ものが二重に見えたり、顔の表情が少し変わってしまうことがあります。しかしこれらの副作用は薬が効きすぎているためで、薬の作用が減少し元の状態に戻るにつれて、そのような副作用もなくなってきます。

ボトックス治療の 1 回の費用

  • 保険 三割負担: 約 17,500 円
  • 保険 一割負担: 約 6,000 円

注 … 別途再診料、検査料がかかります。またお薬が受診後の注文となりますので、初診時には治療を受けられません。