Contact Us

お問い合わせ Tel.092-407-5000 Fax.092-407-5001

[お電話受付時間]
午前 09:00-12:30
午後 14:00-17:30
水土午後・日祝休診

周辺地図 - クリックで大きい画像を表示します

やすだクリニック

〒814-0165
福岡県福岡市早良区
次郎丸 3-22-8
次郎丸メディカルタウン内
西鉄バス河原停前
50台収容駐車場有

G6PD スクリーニング検査について

高濃度ビタミン C 点滴療法ならびにオゾン療法は G6PD 異常症の方には禁忌です。この点滴療法を実施する前に必ず赤血球膜 G6PD 活性を測定します。

G6PD 異常症の頻度

G6PD 異常症は伴性劣性遺伝を示す家族性溶血性疾患で、アフリカ人男性の約 12%、フィリピン、タイ、台湾、中国南部など東南アジアの男性の数 %、世界に数億人もいると推測されています。
日本では 1975 年の厚生省の調査班が 188 例の G6PD 異常症を報告しています。

G6PD 異常症は高濃度ビタミン点滴療法で重症溶血性貧血発作をおこす危険がある

米国では高濃度ビタミン C 点滴療法を実施する前に必ず G6PD 活性を測定します。これは G6PD 活性が低下している患者の血管内に高濃度のビタミン C を投与すると、重症の急性溶血性貧血発作をおこす危険があるからです。

検査のタイミングと高濃度ビタミン C 点滴療法

高濃度ビタミン C 点滴療法で有名な米国 The Center for Improvement of Human Functioning International の検査部長 James Jackson 先生は、同センターの G6PD 欠損症の経験から「G6PD 異常症ではビタミン C 点滴 15g で溶血発作をおこすことはほとんどない。しかし、それ以上の投与は必ず G6PD 活性を測定すべきである。これまでの報告では 50g 以上の投与で急性溶血発作を起こしています。しかし 25g でも高熱や服用している抗生物質やサプリメントでビタミン C を摂取しても溶血発作はおきません」と述べています。
したがって、ビタミン C 点滴療法は必ず事前に G6PD 活性を確認することが必要です。